ケルトコブラのデザインリング

例えばガーネットの入ったシルバーリング。ターコイズの入ったシルバーリング。エメラルド入りのコブラバックル。本体本革で表面パイソンのウォレット。どれも美しいけれど弱さは微塵もない。これがケルトコブラの特徴だ。デザイナーは照井利幸氏。アーティストであり、ミュージシャンとしても活躍している。照井利幸氏は、BLANKEY JET CITYのメンバーとして活躍していた。BLANKEY JET CITYは、日本における数少ない「本当のロックスピリット」を持ったバンドだ。その強靭でピュアなスピリットはデザインに対しても同じボルテージでのぞんでいる。ケルトコブラは、1998年に設立された。2003年には渋谷にケルト&コブラをオープン。これはオンリーショップだった。2005年には田園調布にHOLIDAYをオープン。これはセレクトショップだ。
ところがケルトコブラは、2007年、全てのブランドとショップは解散してしまう。ただでさえ品薄状態であった服やパンツ、シルバーのアクセサリーなどはネットでしか手に入れることができなくなってしまった。最近、バッグを買ったのだが、いつまでも大事に使いたいと思っている。後何年かすると、商品自体がなくなり、なにも手に入らない状態になると思うと、寂しい気がするネ。